• 【ドクターX2019】2019年秋シーズン6決定!大門未知子が帰ってくる!

【ドクターX2019】2019年秋シーズン6決定!大門未知子が帰ってくる!

ドラマ
この記事は約 6 分で読めます
【ドクターX2019】2019年秋シーズン6決定!大門未知子が帰ってくる!

「私、失敗しないので」の決め台詞とともに、難しい手術を次々と成功させる「ドクターX~外科医・大門未知子~」が、2年ぶりに帰ってきそうです。
というのも、4月30日に生放送された「羽鳥慎一モーニングショー夜の拡大版 今夜決定!あなたが選ぶ平成ニッポンのヒーロー総選挙」の中で、
MCの羽鳥慎一さんが米倉涼子さんにインタビューするシーンがあって、

 

羽鳥:「『大門未知子』、次はいつ見られるんでしょうか?」

米倉:「まぁーでも私も、そろそろ見たいかな」

羽鳥:「米倉さんが見たいというなら、もう、決定ですね!」

米倉:「やっぱり『白衣とか欲しいな』と思うときあります」

 

 

というやりとりがあったからなんです。
ドクターXは2017年にシーズン5が放映され、最終回の視聴率はオドロキの25.3%!という怪物ドラマです。
2012年のシーズン1から2016年のシーズン4も、平均視聴率20%前後を安定して叩き出してきました。
「私、失敗しないので」以外にも「いたしません」「御意」などの流行語も生まれました。
そのドクターXシーズン6が、2019年・令和元年の秋に放映されることが確実視されています。

 

令子
令子
この2人はなんだかんだ言って、大門未知子のオペを助けていたわよね
加持秀樹先生は大門未知子のことを「デーモン」と呼んでいたね
和夫
和夫
令子
令子
原守先生は、最後まで名前を覚えてもらえず、「ケーキ屋の金ちゃん」と呼ばれていたよね

 







 

シーズン5のキャスト・ストーリー

 

神原名医紹介所外科医・大門未知子 :米倉涼子

神原名医紹介所所長・神原晶    :岸部一徳

神原名医紹介所麻酔科医・城之内博美:内田有紀

日本医師倶楽部会長・内神田景信  :草刈正雄

東帝大学病院長・蛭間重勝     :西田敏行

東帝大学病院外科副部長・海老名敬 :遠藤憲一

東帝大学病院外科副部長・鳥井高  :段田安則

東帝大学病院外科副部長・猪俣孝  :陣内孝則

東帝大学病院外科医・原守     :鈴木浩介

東帝大学病院外科医・森本光    :田中圭

東帝大学病院新人外科医・西山直之 :永山絢斗

 

 

「私、失敗しないので」
目の前の患者を救うというポリシーのもと、圧倒的な腕で数多くの命を救いながら、
金と欲にまみれた医療界にも鋭いメスを入れてきた

フリーランスの天才外科医・大門未知子。

群れを嫌い、権威を嫌い、束縛を嫌い、
専門医のライセンスと叩き上げのスキルだけが彼女の武器…

米倉涼子演じる、あの“失敗しない女”が今年も帰ってくる――。

200以上の国と地域で、最新作を含む全シリーズの配信も決定し、
勢いをますます加速させる
『ドクターX ~外科医・大門未知子~』。
あの“失敗しない大ヒットシリーズ”が2017年10月、待望の第5シリーズを放ちます!

今回の舞台は…
初の女性院長・志村まどか(大地真央)の誕生を経て、
新たな権力争いが渦巻く
日本最高峰の大学病院「東帝大学病院」。
病院に巣食う権力者たちが
絶対的権力と縦社会で統制された“真っ黒な巨塔”を復活させようと暗躍し、
一度は都落ちした蛭間重勝(西田敏行)も怪しい動きを見せる中、
未知子は“純白のメス”を手に
薄汚れた組織と真っ向から渡り合っていきます!

シリーズ史上初登場となる“ゆとり世代”の若手医師勢や、
未知子にとって“新たな脅威”となる手強き新キャラクターたちも続々と参戦し、
かつてない波乱の様相を呈する最新シリーズ。
“衝撃の結末”が待ち受ける
失敗しない女・大門未知子の気高き戦いがついに始まります――。
番組HPより引用

 

シーズン5は、草刈正雄さんが日本医師倶楽部会長として大学医局からフリーランスの大門未知子を排除しようとする悪役を演じました。
東帝大学病院長は左遷されていた知床分院から汚い手を使って復帰した西田敏行さんです。
外科副部長として陣内孝則さんが新たに加わり、意外なことに勝村政信さん扮する「腹腔鏡の魔術師」加持秀樹は、ラスト2回しか出演していませんでした。

 

令子
令子
最終回は大門未知子ががんに冒されながら、内神田景信のオペを成功させた後倒れてしまったのよね
えっ?それでどうなったの?最終回は見ていなかったんだ
和夫
和夫
令子
令子
肝心なところを見ていないのね。見たいでしょ?
見たい、見たい!どうやったら見れるの?
和夫
和夫

 

和夫くんのように、シーズン5全編、一部の回を見逃した方も多いのではないでしょうか?
そうは言っても2年も前のドラマなので、無料動画サイト「TVer」でも扱っていませんでした。
どうしても有料になってしまうのですが、以下の動画配信サービスから見ることができます。

 

 

①U=NEXT

月額¥2149(税込)と少々高めなサービスですが、映画、ドラマ、アニメなど140000本という圧倒的なスケールで、動画を楽しむことができます。

<特徴>

・登録から31日間無料トライアル

・登録時600ポイント、毎月1200ポイントが付与(1ポイント=1円相当)

・ドクターXは単話¥324(税込)シーズン5全10話¥2160(税込)

 

U-NEXTの無料トライアルに参加して、ドクターXを見てみる

 

②テレ朝動画

 

基本的に月額は無料。現在放映中のテレビ朝日の番組が、1週間無料で視聴できるが、過去のものは有料

<特徴>

・ドラマは単話でも、全話まとめてでも購入可。ドクターXは単話¥324(税込)、シーズン5全10話¥2160(税込)、5シーズンパック全49話は¥9180(税込)

⇒ テレ朝動画でドクターXを見る

 

③ビデオパス

 

月額¥606円(税込)で国内・外国映画、ドラマ、アニメが見放題のサービスです。

<特徴>

・登録から30日間無料見放題

・毎月540ポイントが付与(1ポイント=1円相当)

・現在放映中のテレビ朝日の番組が、1週間無料で視聴できる

・ドクターXは単話¥324(税込)シーズン5全10話¥2160(税込)

 

ビデオパスの付与ポイントでドクターXを見る!

 

 

シーズン6の予想キャスト・ストーリー

ここから先は、まったく管理人の独断と偏見による勝手な予想ですが、シーズン5のラストで贈賄で逮捕された蛭間重勝(西田敏行さん)は、なんだかんだ言って復活すると思います。
同じく逮捕された「ラスボス」内神田景信(草刈正雄さん)は、今までの流れから新シリーズには出演しないでしょう。
となると、その息子だった西山直之(永山絢斗さん)の出演も微妙な感じです。

 

ラスボスは誰だ?

このドラマは、患者第一主義を貫く大門未知子と真っ向から対立する権力者という構図で成り立っています。病院長あるいはさらに上位の権力者をさかのぼって見てみましょう。

 

シーズン1:伊東四朗・毒島 隆之介 帝都医科大学第三分院病院長

 

シーズン2:西田敏行・蛭間重勝 帝都医科大学本院外科統括部長

 

シーズン3:北大路欣也・天堂義人 国立高度医療センター本院総長

 

シーズン4:西田敏行・蛭間重勝 東帝大学病院本院病院長

 

シーズン5:草刈正雄・内神田景信 日本医師倶楽部会長

 

こうして見ると、前回のシーズン5だけ外部組織にラスボスがいました。この流れが続くとしたら、次のシーズン個人的には國村隼さんあたりがはまりそうな気がします。外部組織でも病院長でもしっくり来ると思います。

 

 

実は國村隼さん、2014年に放映されたTVドラマ「アリスの棘」に医師役で出演していました。何でもこなす名俳優ですが、白衣姿もまたドンピシャはまっていますよね。

 

新進気鋭の若手外科医は誰だ?

シーズン5で言えば永山絢斗さんに当たるこの役柄にイメージしやすいのは、「ブラックペアン」出演の竹内涼真さん、「グッドドクター」出演の山崎賢人さんあたりなんですが、続編もありそうなので難しいかも。
となるとそろそろ出頃なのが「崖っぷちホテル」に主演した岩田剛典さんです。意外と白衣もハマるのではないかと勝手に思っています。

 

竹内涼真

 

山崎賢人

 

岩田剛典

 

美人看護師、秘書は誰だ?

シーズンごとに登場する美人看護師とラスボスの秘書も、このドラマの見どころの1つです。ズバリ看護師には「3年A組」出演の今田美桜さん、秘書は「絶対正義」で女優デビューした田中みな実さんあたりを勝手に予想しています。

 

今田美桜

 

田中みな実

 

最終回ラストオペの患者は誰だ?

第5シーズンまでに、伊東四朗さん、段田安則さん、西田敏行さん、内田有紀さん、岸部一徳さん、そして米倉涼子さん自身までもが、オペ患者となりました。
レギュラーメンバーで残っているのは遠藤憲一さん、勝村政信さんくらいです。「腹腔鏡の魔術師」加持秀樹のオペを、大門未知子が腹腔鏡で行うとすれば興味深いです。
今回も前回の草刈正雄さんのような「ラスボス」のオペになるかもしれません。

 

遠藤憲一

 

勝村政信

 

最後に

テレビ朝日は、今年60周年という記念の年だそうです。秋ドラマで圧勝して、どうしても視聴率三冠王を日テレから奪取したいところです。
2018年の「リーガルV」も、米倉涼子さんが主演して15%超の視聴率を稼ぎましたが、やはり米倉さんといえば「ドクターX」です。
聞けば、ギャラは破格の1話あたり800万、全話合わせると1億超という噂もあります。平成の視聴率女王は、令和時代も圧勝するのでしょうか?

関連記事
コメント
コメント投稿

コメント ( 必須 )

お名前 ( 必須 )

メールアドレス ※公開されません ( 必須 )

サイトアドレス ( 必須 )

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

トラックバック
トラックバックURL